北上市職員は毎月曜、ラグビーワールドカップ(W杯)で、同市を公認キャンプ地とするウルグアイのポロシャツを着て業務に当たる。

 6月の衣替えに合わせ職員有志が自費で購入。チームカラーの空色を用い、大会公式ロゴや国旗と市章の間には「キャンプイン」の字が躍る。

 ほぼ全員が着用する結果に小原学まちづくり部長は「機運醸成が内部から図れる」と一体感を実感。サポートに向けて装いは涼しく、ハートは熱く-。