北上市教委は横川目幼稚園と横川目保育園を統合し整備する和賀地区の認定こども園を、同市和賀町横川目の市役所和賀庁舎北側駐車場付近の市有地に設置する方針を決めた。地元から早期開設と、和賀庁舎付近を設置場所第1案とする要望書が市に提出されていた。2021年4月の開園を目指す。

 認定こども園の定員は0~5歳児90人程度を想定し、施設規模は敷地が約2800平方メートル、園舎が建物面積約900平方メートル。市が用地を造成し運営事業者に無償で貸し出す。建物は事業者が整備し国や市の補助金がある。11月から用地造成、来年7月から園舎建設に入る予定だ。事業者は社会福祉法人と学校法人から公募し、今年7月に選定する。

 市は測量、土地造成などの整備費8348万円を含む19年度一般会計補正予算案を開会中の市議会6月通常会議に提案している。

 横川目幼稚園、横川目保育園とも老朽化し、4月1日現在の在籍園児数は幼稚園が定員80人に対し15人、保育園は定員70人に対し57人と減少が続く。