東北高校選手権は16日、各地で8競技が行われ、県勢はホッケー女子の不来方が決勝リーグで三沢(青森)に9-0で快勝し、3戦全勝の1位でインターハイ出場を決めた。陸上は女子三段跳びの山中愛仁果(あにか)(盛岡一3年)が12メートル03(追い風参考記録)で優勝。男子やり投げは吉田翔太(水沢一3年)が2位、同400メートル障害の一條美竜夢(みろむ)(盛岡南3年)は3位だった。

 セーリングの420級は男女とも宮古Aの2年生ペアが制した。男子は佐香遼河・芳賀順也組、女子は前田奈音・八木さくら組が優勝。重量挙げは男子96キロ級の工藤颯太(盛岡工2年)がトータル223キロ、同102キロ超級の福浦大翔(同)がトータル236キロでそれぞれ勝った。自転車は女子個人ロードレースの若子内凜(盛岡農2年)が栄光をつかんだ。

 花巻市で予定されていたソフトボールは雨天中止で打ち切りとなり、男女ともに準決勝に進んだ4校が優勝。県勢男子の盛岡中央、女子の千厩が頂点に立った。