岩手日報社は7月1日、電子新聞「岩手日報デジタル版」をスタートします。定期購読者向けの有料サービスで、16日から岩手日報ホームページで申し込みを受け付けます。スマートフォン、タブレット端末、パソコンを使い、新聞紙面を読むことができます。【本日付で関連別刷り特集「デジタル版使い方ガイド」発行】

 デジタル版は休刊日を除く毎朝5時に配信し、普段読み慣れた新聞紙面をそのままの体裁で読むことができます。当日を含む過去30日間の紙面がまとめ読み可能で、自宅以外でも読みたいときに閲覧できます。

 号外、休刊日などで作成する特別紙面を配信するほか、死亡広告を紙面掲載前日に閲覧できる「おくやみ案内」など、デジタル版独自のサービスも展開します。

 本紙を定期購読している契約者(個人)のみが利用でき、定期購読とのセット販売に限定します。ただし、定期購読の配達エリア外の県外在住者は、デジタル版を単独契約できます。

 料金は、定期購読料プラス月額500円(税込み)、定期購読エリア外は月額3900円(税込み)です。申し込みは、岩手日報ホームページ(https://www.iwate-np.co.jp/)で受け付けます。問い合わせは、岩手日報社総合メディア局デジタル戦略部(平日午前9時~午後5時、電話019・653・5611、メールe-news@iwate-np.co.jp)へお願いします。

岩手日報社