岩手署と八幡平消防署、八幡平市消防団は12日、同市内の山林に11日からタケノコ採りに出掛けたまま行方不明になっている同市の男性(72)を捜索したが、発見できなかった。

 男性の自家用車周辺のささやぶなどを約40人態勢で捜索。県防災ヘリも加わったが見つからなかった。13日は午前6時から約30人態勢で捜索する。

 現場は同市安比高原の桂久保山周辺。一緒に入山した男性の妻(66)は「車が見える辺りで採り、昼前には帰るつもりだった。気がついたら(夫の)姿が見えなくなっていた」と不安げに話した。