岩手日報社は10月9日、岩手県民会館で「中村勘九郎 中村七之助 錦秋特別公演2019」を開催します。前売り券は6月22日午前10時に指定プレイガイドで発売します。

 勘九郎、七之助が続けている錦秋特別公演。本県では3年ぶりの公演です。

 本公演は芸談から始まり、この機会にしか見ることができない素顔の2人の魅力に迫ります。「三ツ面子守(みつめんこもり)」では、部屋子として精進している中村鶴松が出演。個性の異なる三つのお面を器用に使い分けた軽妙で楽しい舞踊を披露します。

 「松廼羽衣(まつのはごろも)」では漁師・伯竜役の勘九郎と天女役の七之助が演じる、能「羽衣」を基とした格調高くあでやかな舞台をお楽しみいただけます。

 ◇主催 岩手日報社、県文化振興事業団、IBC岩手放送、サンライズプロモーション東京

 ◇日時 10月9日(水)開演 午前11時、午後3時の2回公演

 ◇会場 県民会館・大ホール(盛岡市内丸)

 ◇料金 S席9千円、A席8千円、B席(3階席)6500円(全席指定、税込み)

 ◇プレイガイド 県民会館、アネックスカワトク、カワトク、フェザン、プラザおでって、盛岡市民文化ホール、なはんプラザ、江釣子ショッピングセンター・パル、さくらホール、奥州市文化会館Zホール、とぴあ、ニコア、サン・リア、アンバーホール、釜石市民ホール、いわて生協県内各店、岩手日報社事業部、ローソンチケット(Lコード22951)

 岩手日報社