大船渡市三陸町の越喜来中(岩崎弘校長、生徒35人)は11日、同市三陸町越喜来の三陸公民館で閉校記念行事のピアノコンサートを開いた。同校出身のピアニスト西村元希さん(32)が演奏し、後輩たちに音楽でエールを送った。

 西村さんはショパンの「ノクターン」やバッハ作曲、ブゾーニ編曲の「シャコンヌ」など8曲を披露。全校生徒や住民が優美なクラシックの世界に浸った。生徒による返礼の合唱の後、西村さんの伴奏で校歌を斉唱。会場一体で古里の学校へ思いを強めた。

 平田涼華(すずか)さん(3年)は「素晴らしい演奏を生で聞き貴重な体験になった。最後の1年、合唱を頑張りたい」とし、山下大地さん(同)は「会場全体で校歌を歌い地域の支えをあらためて感じた。西村さんのように活躍する先輩がいて誇らしい」と閉校へ向けて気持ちを新たにした。