釜石市鵜住居町 新川原町内会長 古川 幹敏さん(65)

 地元で今秋開かれるラグビーワールドカップ(W杯)に向け、新川原町内会の住民が一緒に国道45号沿いに花を植える活動を行い、東日本大震災後の世界からの復興支援への感謝を表そうと取り組んでいる。地域では災害公営住宅や一戸建てが建ち、被災者の生活再建が進んでいるが、1人暮らしの高齢者も多い。震災後に転居してきた人も含め、一緒に作業する機会をつくり、親睦を深めていく。