東日本大震災からの復興に歩む地域の姿を発信する県の三陸防災復興プロジェクトは1日、釜石市で開幕する。沿岸13市町村を舞台に、8月7日までの計68日間で22の事業を展開。震災の教訓を国内外の参加者らと広く共有し、防災力向上や復興の先を見据えた地域振興につなげる。

 オープニングセレモニーは釜石市の市民ホールで開き、米国大使館や国連防災機関のスピーチに加え、震災を経験した若者が復興の取り組みを発表する。歌手八神純子さんのライブが開幕を彩るほか、災害に強い地域・まちづくりをテーマにシンポジウムも行う。

 期間中は県内全市町村の郷土芸能が一堂に会す「オールいわて・祭りイベント」や、沿岸13市町村の飲食店や宿泊施設を巡るスタンプラリー「いわてハマメシプロジェクト」なども行う。三陸鉄道の企画列車や自治会などによる関連イベントもあり、県全体で復興や三陸の魅力を発信する。