岩手日報社は今夏、3人制ハーフコートバスケットボール「第6回小学生3×3(スリー・バイ・スリー)選手権」を開催します。

 県内を10ブロックに分け、6、7月に各地区予選を実施。勝ち抜いた男女各48チームによる県選手権を8月31日に奥州市総合体育館で開催し、6代目の県チャンピオンを決定します。

 今大会では、オリンピック競技となった3×3の理解と、よりスピーディーなゲーム展開を目的とし、前回大会までとルールを改定(FIBAルールU12に準拠)。県大会進出チーム選手全員に記念品を進呈。表彰式終了後にはお楽しみ大抽選会を開催予定です。 大会要項と競技規則、申し込みは岩手日報ホームページ内専用ページから。締め切りは6月11日。

 ◇期日・会場 地区予選会兼講習会(午前9時30分開始予定)=6月29日(土)二戸地区=浄法寺体育館▽7月6日(土)大船渡地区=住田町社会体育館、久慈地区=小久慈小▽7日(日)北上地区=黒沢尻体育館、釜石・遠野地区=小佐野小▽13日(土)花巻・紫波地区=紫波町総合体育館▽14日(日)奥州地区=胆沢総合体育館、宮古地区=宮古市民総合体育館▽15日(月・祝)一関地区=大東体育館、盛岡地区=好摩体育館

県選手権大会=8月31日(土)奥州市総合体育館

 ※スケジュールなど詳細は各チームに連絡します。

 ◇チーム構成 男女別に同一学校の4年生以上3~4人。交代で必ず全員出場。日本バスケットボール協会の競技者登録の有無は問わない。引率責任者(保護者)が1人必要。

 ◇参加料 1チーム千円(飲料、保険代込み)

 ◇申し込み 岩手日報ホームページの専用ページから参加申込書(エクセル)をダウンロード。必要事項を入力し大会事務局にメールした後、参加料を郵便振り込み

 ◇締め切り 6月11日(火)

 ◇主催 岩手日報社

 ◇共催 奥州市、県バスケットボール協会

 ◇協賛 東京エレクトロンテクノロジーソリューションズ

 ◇特別協力 岩手ビッグブルズ

 ◇協力 奥州市バスケットボール協会

岩手日報社