雫石町中心部のよしゃれ通り商店街で5日、本年度初の元祖しずくいし軽トラ市(同実行委など主催)が開かれ、出店者と来場者が買い物を通じて交流した。

 同商店街の468メートル区間を歩行者天国にし、町内外の約50店が出店。山菜や総菜、コーヒーなどの食品や雑貨などが軽トラックの荷台に並び、抽選会や輪投げ大会、鶯宿温泉の出張足湯も繰り広げられた。

 きりせんしょや大福などを提供する同町長山の「しずくの里茶茶」の中川トヨ子さん(70)は「好天に恵まれ、いろいろな人と出会い、話が聞けてうれしい」と魅力を語った。

 11月までの毎月第1日曜(7月は第2日曜)に開催。6月2日に100回の節目を迎える。午前9時~午後1時。