盛岡市下ノ橋町の小野寺静さん(72)は、創作人形の魅力を地元で伝えようと、自宅そばに福島市の人形作家大竹京さん(73)の創作人形を集めたアートサロンクリスタルを開設した。オープン記念として19日まで、球体関節の人形を集めた「風少女 in 盛岡」を開いている。

 精緻な筆遣いで表現した、はかなげな表情の人形10点を展示。粘土製の体から洋服まで全て手作りで、美しい表情が高く評価され、ロシアやチェコなどの展示会にも招待されている。横浜市の布花作家飯田嘉子さんの布花も添えた。

 小野寺さんは、大竹さんの作品を紹介した本「球体関節人形作品集 風少女」の美しい表情に衝撃を受け、大竹さんの人形教室に通い始めた。10年にわたる交流を経て「盛岡で人形の魅力を広めたい」と、個人サロンとしては全国唯一の大竹作品常設展を開いた。

 人形展は土日のみ、午前11時~午後4時半。入場料500円。大竹さんの教室の生徒の作品も展示。今後は市松人形やビスクドールも展示する。