遠野市の流鏑馬(やぶさめ)関係者は5日、同市松崎町の遠野郷八幡宮(多田頼申(よりのぶ)宮司)でこども流鏑馬大会を開き、伝統文化の明日を担う子どもの健やかな成長を願った。

 市内外の小中学生19人が参加。昔ながらの装束をまとった小さな射手はポニーにまたがって心を整え、約20メートル間隔に3カ所設置した45センチ四方の的を狙った。

 矢が命中した子どもはりりしい表情から一転、会心の笑み。会場から「よう、射たりや」と称賛の声と大きな拍手が送られた。