早池峰神楽の岳(たけ)神楽保存会(小国朋身会長、会員18人)などは5日、花巻市大迫町内川目の大迫郷土文化保存伝習館で、公演「桜の舞」を行った。会員は令和が良い時代となるよう願い、伝統の舞を披露した。

 県内外から約200人が訪れ、会場は満員御礼。三韓の舞や八幡舞、諷誦(ふうしょう)の舞など12演目を披露し、迫力のある舞に「いいぞ」の掛け声や拍手が送られた。

 小国会長(60)は「神楽は農業との結びつきが強く、令和の実りを祈って披露した。日本がいい時代になってほしい」と願った。