西武4-0楽天

 西武の山川穂高(富士大)がリーグトップを独走する13号2ランで勝利をたぐり寄せた。2-0の六回無死三塁で左中間へ運び「犠牲フライを打てる球を振っていった。最高の結果になった」と喜んだ。お立ち台では始球式で対戦した大相撲の平幕力士の北勝富士と、本塁打を打った後に見せる相撲をモチーフにしたポーズを一緒に披露し「こういう日に打てて良かった」と笑顔。

 通算100本塁打まであと1本としたが「全然意識していない。チームの勝ちにつながる場面で打てたらベスト」と主砲らしく話した。