北東北大学野球春季リーグ1部は5日、一戸町総合運動公園球場で3試合が行われ、富士大は青森大に延長十回タイブレークの末、3-4で敗れて2敗目を喫した。岩手大はノースアジア大(秋田)に1-3で負けて連勝はならなかった。

 富士大は初回1死二、三塁から丹野涼介(4年、北海道・北海)の犠飛で先制。六回は2死三塁から山城裕飛(1年、沖縄・知念)の適時打で2点をリードしたが、七回に追い付かれて延長へ。1点を追う十回は併殺が響いて無得点に終わった。

 岩手大は初回に敵失で1点を先制するも、二回に守備が乱れて逆転を許し、最後まで追い付くことができなかった。