一戸町岩舘の御所野縄文博物館(高田和徳館長)はこどもの日にちなみ、御所野縄文公園で「ごしょのJOMONピクニック」を開催。家族連れらが自然や縄文の暮らしを満喫した。

 木にくくり付けたロープを登るラインクライミングには子どもたちが長蛇の列を作り、順番に高さ約5メートルからの眺めを楽しんだ。弓矢体験やクイズラリーなども繰り広げ、地元高校生がスタッフとして催しを後押しした。

 家族で訪れた洋野町大野の団体職員一本松恵子さん(58)は「いろいろな体験ができ、子どもたちも元気よく走り回っている」と笑顔を見せ、孫の優月さん(大野小1年)は「弓矢を飛ばすのが楽しい」と夢中だった。