2019.05.31

岩手日報宮古広華会が総会

 岩手日報宮古広華会(高橋文中会長、26会員)は30日、宮古市日立浜町の浄土ケ浜パークホテルで本年度定例総会を開いた。

 会員ら約20人と岩手日報社の岩渕真幸取締役販売・広告事業担当、作山充広告事業局長が出席。高橋会長は「震災から8年2カ月が経過した。ラグビーワールドカップ(W杯)で世界各国から訪れる人々を笑顔でもてなし、多大な支援への恩返しをしたい」とあいさつ。本年度事業計画案、リーダーズサークル宮古例会の開催などを承認した。これに先立つ記念講演で、市教委生涯学習課の盛合正寛ラグビーワールドカップ2019推進室長がW杯について説明した。