【本紙特派員・小田野純一】メジャー初対決実現か、はたまた延期か。米大リーグ、マリナーズ・菊池雄星(27)とエンゼルス・大谷翔平(24)が30日(日本時間31日)、花巻東OB同士で対戦するかに注目が集まっている。菊池の登板は決まっているが、大谷の出場に関しては指揮官が「まだ決めていない」と明言せず、左投手を避けて休養日にする可能性もある。試合はシアトルのTモバイル・パークで午後7時10分(同午前11時10分)開始予定。

 「岩手、東北の子どもたちが身近に夢を持てる環境になってきたと感じる」。菊池は登板前日の29日に笑顔で取材に応じ、直接対決への思いを語った。

 「僕らは岩手で生まれ育ち、小さい頃は中央に行かないとプロ野球選手になれないんじゃないか、当然メジャーリーガーなんて『おまえ、何言ってんだ』と言ってはいけないような雰囲気は正直あった」と述懐。周囲の期待も感じながら「その中でアメリカで世界の舞台で戦えるというのはちょっと意味があることかなと思う」と感慨を込めた。