奥州市の本年度のいさわジュニアミュージカルスクール(NPO法人胆沢文化会館自主事業協会主催)は29日、開講した。小学生から高校生まで34人が参加し、12月15日の公演に向けて練習を始めた。

 開講式は同市胆沢南都田(なつた)の胆沢文化創造センターで行われ、保護者らが見守る中、一人一人があいさつ。「最高の舞台を」「一生懸命取り組む」と元気よく意気込みを語った。

 スクールは2001年度に始まり19年目。同センターで行う公演に向けて、約50回稽古を重ねる。