2019.05.30

県勢、2年連続本戦狙う 都市対抗野球東北大会、31日開幕

 第90回都市対抗野球2次予選東北大会は31日から7日間、青森県のはるか夢球場(弘前市)と県営球場(青森市)で行われる。本県からは昨年の本大会に初出場した第1代表のトヨタ自動車東日本など3チームが出場し、県勢2年連続の本大会出場を目指す。

 記念大会のため1増の3枠を12チームが争う。県勢はトヨタのほか、第2代表のJR盛岡、第3代表の水沢駒形倶楽部が出場する。

 トヨタは2回戦から登場し、ゴールデンリバース(秋田第2)と七十七銀行(宮城第3)の勝者と対戦する。1次予選の県大会は決勝で苦戦したが、4試合で39得点5失点と投打で安定した力を発揮した。投手陣は主戦阿世知暢(あぜちとおる)(神奈川大)、抑えの吉橋幸治(武蔵大)を中心に若手の成長も光る。