遠野市の青笹小(佐々木美紀校長、児童124人)の5年生19人は28日、同市青笹町の上閉伊酒造(新里佳子社長)隣の水田で田植え作業に挑戦した。コメは秋に収穫後、同酒造の酒造りに使われる。

 地元の農業奥寺晴夫さん(64)=同市青笹町=に田植えのこつを教わった児童は、はだしになりぬかるむ田んぼへ一直線。時折歓声を上げながら、ひとめぼれの苗を丁寧に等間隔に植えた。

 同酒造は秋に児童を招いての収穫祭を予定する。