プロマラソンランナーの川内優輝(32)=あいおいニッセイ同和損保=は27日、西和賀町の西和賀高を訪れ、陸上部員19人と汗を流し交流した。

 公務員ランナーとして活躍した川内は、4月のプロ転向後初の来町。校庭を周回しながら、トレーニング法や食事など生徒の質問に笑いを交えて答えた。同じ長距離選手の妻侑子さん(34)も一緒に走った。

 町内で前日開かれたマラソン大会にゲスト出場したことから交流が実現した。昨年のボストン・マラソンの金メダルなどを見せると生徒から歓声が上がった。少人数ながら県大会で上位入賞する同部に、川内は「みんなの前向きな気持ちが結果に結びついている。陸上もそれ以外でも活躍が楽しみ」と期待を寄せた。