サッカーの第99回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は26日、盛岡市のいわぎんスタジアムなどで1回戦15試合が行われ、本県代表のJ3いわてグルージャ盛岡(12年連続13度目)は山梨県代表の山梨学院大ペガサス(6年ぶり2度目)を1-0で下し、2年ぶりに初戦を突破した。

 グルージャは後半21分、FW谷口海斗が頭で押し込み1点を先制。相手をシュート2本に抑えて逃げ切った。県勢は通算6勝目。グルージャは2回戦(7月3日、千葉県柏市・三協フロンテア柏スタジアム)でJ2柏と対戦する。

 元日本代表FWの高原を擁し、今大会唯一初出場の沖縄SVは松山大(愛媛)に2-0で快勝。日本代表に初選出された上田が先発したアマチュアシードの法大はブリオベッカ浦安(千葉)を1-0で、明大(東京)はJ3の秋田を3-0で破った。