2019.05.27

花巻東、執念V2 春季高校野球最終日

花巻東―盛岡四 1回表花巻東無死二塁、高橋が左中間に適時三塁打を放ち1―0と先制する。捕手横山、球審畑川=野田
花巻東―盛岡四 1回表花巻東無死二塁、高橋が左中間に適時三塁打を放ち1―0と先制する。捕手横山、球審畑川=野田

 第66回春季東北地区高校野球県大会最終日は26日、野田村のライジングサンスタジアムで決勝と3位決定戦が行われ、決勝は花巻東が盛岡四を9―3で下し、2年連続8度目の優勝を果たした。3位決定戦は盛岡大付が専大北上に8―1で七回コールド勝ちし、東北大会出場を決めた。

 花巻東は初回に高橋凌(3年)の適時三塁打、水谷公省(2年)の右前適時打で2点を先制。三回は高橋の2点二塁打でリードを広げ、四回に2点、七回は連続長打などで3点を加えた。盛岡四は五回に岸田直樹(3年)の適時打などで2点を返し、七回には高見怜人(3年)の右越え本塁打で反撃したが及ばなかった。盛岡大付は二回に小川健成(3年)の適時二塁打などで逆転。四回以降は毎回得点し突き放した。

 東北大会は6月6日から山形県で実施。本県代表として花巻東、盛岡四、盛岡大付が出場する。

 


◇第6日(5月26日)

 

 

 

関連リンク