県NIE協議会(会長・望月善次岩手大名誉教授)は6月28日午後2時半から、盛岡市紺屋町の市勤労福祉会館大ホールで「NIE春季公開セミナー」(県教委後援)を開く。秋田大大学院教育学研究科特別教授で同大名誉教授の阿部昇さんが「新学習指導要領とNIE」と題して講演し、ワークショップを行う。参加無料。6月14日まで参加者を募集している。

 阿部さんは秋田県NIE推進協議会の会長を務め、「アクティブ・ラーニングを生かした探究型の授業づくり」など多数の著書を持つ。講演では、新学習指導要領の変更点と、変更と連動するNIEの必要性について解説する。

 ワークショップは、新聞2紙の読み比べ。阿部さんが教師役、参加者が生徒役を務める模擬授業形式で行う。教材は昨夏、甲子園を沸かせた金足農高と近江高の試合を報じる両校の地元新聞の記事を使う予定。

 会場では、日本新聞協会製作の冊子「これならできる! 新聞活用~NIE入門ガイド」を無料配布する。

 申し込み、問い合わせは岩手日報社NIE・読者部内の県NIE協議会事務局(019・654・1208、nie@iwate-np.co.jp)へ。