今秋のラグビーワールドカップ(W杯)の試合会場となる釜石市鵜住居(うのすまい)町の釜石鵜住居復興スタジアムに設置される祈念碑(高さ1・5メートル、幅2・12メートル)の加工作業が22日、同市で始まった。碑に記す言葉は「あなたも逃げて」。東日本大震災の教訓を国内外から訪れる観戦客らに発信し続け、未来の命を守る。今月末に完成する予定。

 同市定内町の田中石材店工場で同日、インド産の黒御影石に「東日本大震災 大津波」と、盛岡市出身で東京都在住の書家武田夏実さんが揮毫(きごう)した「あなたも逃げて」を刻む文字彫刻の作業が行われた。24日から同スタジアムでの作業が始まる見込み。

 震災時、鵜住居小の事務職員だった妻が行方不明の木村正明さん(63)=同市栗林町=は作業を見守り「震災の教訓はこの言葉に凝縮されている。震災だけではなく過去の災害も忘れず、シンプルに分かりやすく伝えたい」と思いを語った。