紫波町の軟式野球チーム、紫波かしわクラブは、25~27日に岡山県倉敷市などで開かれる第2回全日本シニア軟式野球大会に出場する。50歳以上が出場する同大会に本県からは初参加。選手らは大舞台を目前に控え、気持ちを高めている。

 全日本軟式野球連盟などでつくる実行委主催。全国の予選を勝ち抜いた42チームがトーナメント戦で順位を競う。同クラブは25日の1回戦で、地元岡山県のチームと戦う。50~73歳の選手が出場登録した。昨年7月に奥州市で開かれた県50歳野球大会では、強力打線で勝ち上がり優勝。全国大会出場権を獲得した。

 阿部悟主将(52)は「強豪が多いが自分たちのつなぐ野球をして、まずは初戦を突破したい」と意気込む。