21日の県内は、寒冷前線の影響で、大船渡で午後8時までの24時間降水量103ミリを観測するなど、各地でまとまった雨となった。JR盛岡支社によると、JR釜石線は雨の影響でダイヤが乱れ、22日午前も2本の運休が決まった。

 24時間降水量は住田101ミリ、盛岡49・5ミリなど。1時間降水量は花巻18・5ミリ、花巻・豊沢16・5ミリで5月の観測史上最大だった。

 同支社によると、21日午前9時半ごろ、JR釜石線平倉(遠野市)-陸中大橋(釜石市)駅、陸中大橋-小佐野(同)駅間の雨量計が規制値に達し、列車の運転を見合わせた。上下普通、快速計13本が運休、区間運休し、約950人に影響した。