2019.05.21

ベスト4出そろう 春季高校野球県大会第4日、準決勝は25日

一関学院-盛岡大付 延長11回盛岡大付2死二、三塁、小野寺がサヨナラ勝ちを決める右前打を放つ。捕手村井、球審加倉=二戸
一関学院-盛岡大付 延長11回盛岡大付2死二、三塁、小野寺がサヨナラ勝ちを決める右前打を放つ。捕手村井、球審加倉=二戸

 第66回春季東北地区高校野球県大会第4日は20日、野田村のライジングサンスタジアムなどで準々決勝4試合を行い、盛岡大付、盛岡四、花巻東、専大北上が4強入りした。盛岡大付は一関学院との私学対決を2―1で延長十一回サヨナラ勝ち。2年ぶりの準決勝進出となった。盛岡四は久慈に6―3と逆転勝ちし6年ぶり。花巻東は一関一に3―1で競り勝ち、6年連続。専大北上は久慈東にコールド勝ちし、2年連続で駒を進めた。

 準決勝は25日に同球場で行われ、盛岡四―盛岡大付、花巻東―専大北上の対戦となる。


◇第4日(5月20日)▼準々決勝

 

 

関連リンク