北東北大学野球春季リーグ1部最終日は19日、青森市の青森県営球場で3試合が行われ、富士大は優勝を決めた八戸学院大(青森)に6―9で敗れ、6勝4敗の2位で終えた。岩手大は青森中央学院大に5―7で敗れ、2勝1分け7敗の5位。

 2点を追う富士大は二回、藤田理志(4年、福島・聖光学院)の中前適時打で同点。先発川原直貴(3年、秋田・大曲)ら6投手をつないだが、相手打線の勢いを止められず9失点。打線は5安打で6点を奪ったが追いつけなかった。

 岩手大は3点を追う四回、2本の適時打で同点。五回は米田隼人(3年、青森東)の左前適時打などで2点をリードしたが終盤に逆転された。