盛岡市出身で東前頭9枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、西5枚目の竜電に寄り切られ連勝はならず、3勝5敗となった。

 錦木は左を差したが、竜電の強烈な右おっつけを受けてまわしが取れない。苦し紛れの右小手投げで相手を呼び込み、棒立ちとなって土俵を割った。

 9日目は東6枚目の宝富士と対戦する。