今年最初の八幡ぽんぽこ市(もりおか八幡界隈(かいわい)まちづくりの会主催)は19日、盛岡市八幡町で開かれた。飲食店など約50店が出店し、多くの家族連れらでにぎわった。

 盛岡八幡宮から約350メートルの通りを歩行者天国とし雑貨や衣類、古本などを売る店が並んだ。白玉やショウガを入れた名物の「ぽんぽこ汁」も限定200食で振る舞われ、行列ができた。さんさ踊りの演舞やライブなども行われた。