2019.05.20

地元勢サヨナラ競演 春季高校野球県大会第3日

黒沢尻工―久慈 9回裏久慈1死一、三塁、玉沢がサヨナラ勝ちを決める左犠飛を放つ=野田
黒沢尻工―久慈 9回裏久慈1死一、三塁、玉沢がサヨナラ勝ちを決める左犠飛を放つ=野田

 第66回春季東北地区高校野球県大会第3日は19日、野田村のライジングサンスタジアムなどで2回戦8試合を行い、夏の岩手大会のシード校となるベスト8が決まった。

 地元開催の久慈勢両校は、久慈が黒沢尻工に2―1、久慈東が釜石に3―2でサヨナラ勝ち。昨秋覇者の盛岡大付は一戸に10―0、同準優勝の花巻東は水沢に13―6とコールド発進した。盛岡四は盛岡一に2―1、一関一は一関工に6―4と同地区対決を競り勝った。一関学院は高田を5―1、専大北上は花北青雲を15―1で下した。

 20日は同球場と二戸市の大平球場で準々決勝4試合を行う。

 

◇第3日(5月19日)▼2回戦

 

 

岩手日報HPで速報

 岩手日報社は、第66回春季東北地区高校野球県大会を岩手日報ホームページ(HP)で速報します。

試合速報