サッカーJ3のいわてグルージャ盛岡が開幕からの7試合で3勝1分け3敗の6位と好スタートを切った。大きな要因は課題だった守備力の向上。昨季はリーグワーストの56失点を喫したが、今季は意識の共有をより図ることで安定した試合運びができている。

 今季は1試合平均の失点が1(7試合7失点)で昨季の1・75(32試合56失点)を下回る。昨季途中から3バックに変更。今季も陣形は変えずに挑み、組織的な守備が成長している。