釜石市甲子町 会社員 佐々 学さん(39)

 鵜住居(うのすまい)駅前地区公共施設の指定管理者かまいしDMCの社員として、1日から鵜(う)の郷(さと)交流館やいのちをつなぐ未来館に勤務している。震災で市内の実家や自宅が被災。災害に対する心構えや事前の備えが重要だと再認識した。来館者の防災、減災に対する意識の高まりを感じており、自分も命を守る教訓を伝えていきたい。交流館は釜石の魅力、食を楽しめる場だ。多くの人に訪れてほしい。