大相撲夏場所7日目(18日・両国国技館)盛岡市出身で東前頭9枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、東七枚目の正代に小手投げで勝利し、3勝4敗とした。

 立ち合いですぐにもろ差しを許した錦木。一気に出る正代の寄りに後退しながら、左右できめて抵抗する。土俵際で右から振っての小手投げで逆転した。

 8日目は西5枚目の竜電と対戦する。