奥州市江刺の日本料理新茶家(和賀総店主)は16日、唐津焼の陶芸家、14代中里太郎右衛門さん(62)=佐賀県唐津市=を招き、器と料理、音を楽しむイベント「空間」を開いた。

 約60人が参加。中里さんと親交が深い、しの笛奏者の佐藤和哉さんが民謡などを演奏。親しみやすい音色が優しく会場を包んだ。

 企画は、新茶家の和賀靖公(やすたか)料理長(29)が昨年、盛岡市で開かれた中里さんの展示会を訪れたことがきっかけ。この日の料理には唐津焼の器も使われた。