JR盛岡支社(石田亨支社長)は17日、夏の臨時列車の概要を発表した。7月1日~9月30日の92日間で東北・北海道新幹線と秋田新幹線を前年同期比79本多い1160本、在来線はイベント列車などを945本運行する。

 お盆期間(8月9~18日)は新幹線420本、在来線は170本を増発する。

 在来線は8月1~4日、10~13日、15~18日の日程でジパング平泉号(盛岡-一ノ関)が1日1往復。7~9月の一部日程で、さんりくトレイン宮古(盛岡-宮古)も運行する。8月23~25日には全国地ビールフェスティバル・イン一関、同24、25日には遠野ホップ収穫祭のイベント開催に合わせた列車も走らせる。