大相撲夏場所6日目(17日・両国国技館)盛岡市出身で東前頭9枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、東11枚目の松鳳山を取り直しの末押し出し、連敗を3でストップ。2勝4敗とした。

 最初の一番は松鳳山の寄りを右小手投げで逆転を狙った錦木が同時に倒れた。取り直しで錦木は浅いもろ差しの松鳳山を左右から挟みつけて前進。右へ回り込む相手を一方的に押し出した。

 7日目は東七枚目の正代と対戦する。