大船渡市立根町 大船渡・一中3年 新沼 泉生(みずき)さん

 県立大船渡病院で開かれた看護体験に参加した。祖父が病院でお世話になっていて、自分も人を助けられるようになりたいと思い、看護の道を志した。東日本大震災が発生した時、医師や看護師の存在は被災者にとって大きな支えになったと思う。将来は大船渡で働き、災害時でも周りの人たちの様子をしっかり見て、気遣えるような看護師になりたい。