2019.05.18

黒沢尻工サヨナラ勝ち 春季高校野球県大会第1日

黒沢尻北―黒沢尻工 9回裏黒沢尻工2死一、二塁、佐々木が右越えのサヨナラ本塁打を放つ=野田
黒沢尻北―黒沢尻工 9回裏黒沢尻工2死一、二塁、佐々木が右越えのサヨナラ本塁打を放つ=野田

 第66回春季東北地区高校野球県大会第1日は17日、野田村のライジングサンスタジアムなど3球場で1回戦7試合が行われ、黒沢尻工は黒沢尻北に6-3で九回サヨナラ勝ちし同地区対決を制した。

 一関学院は九回に8点を挙げる猛攻で盛岡中央を14-3で下し、高田は14-6の八回コールドで盛岡市立を退けた。このほか、盛岡一、久慈、盛岡四、一戸が2回戦に駒を進めた。

 第2日の18日は、同球場など3球場で1回戦の残り6試合が行われる。

 

◇第1日(5月17日)▼1回戦

 

岩手日報HPで速報

 岩手日報社は、第66回春季東北地区高校野球県大会を岩手日報ホームページ(HP)で速報します。

試合速報

関連リンク