北上市の夏油温泉開発連絡協議会(会長・高橋敏彦市長)は17日、同市和賀町岩崎新田の夏油温泉園地で夏油温泉開きを行い、鬼剣舞の奉納などで今季の安全とにぎわいを祈った。

 関係者と温泉客約50人が出席して神事を行い、国指定重要無形民俗文化財の岩崎鬼剣舞(和田勇市庭元)が「一人加護」を奉納した。高橋市長は「最近は全国で生活に自然や古い温泉を取り入れたライフスタイルを楽しむ流れができている。大いに期待し、みんなで夏油温泉を盛り上げていきたい」とあいさつした。

 同日は元湯夏油と夏油温泉観光ホテルの入浴料金が無料で、多くの温泉客が秘湯を楽しんだ。

 両施設の今季の営業は2日に始まり、11月10日までの予定。