大船渡市と通信大手のソフトバンク(東京都港区、宮内謙社長)は17日、教育事業連携に関する協定を締結した。人型ロボット「ペッパー」を使ったプログラミング授業など情報通信技術(ICT)を生かした教育を推進する。県内自治体で同社と教育事業の協定を締結するのは初めてで、情報化が進む未来の社会で活躍する人材育成を目指す。

 協定締結式は同市盛町の市役所で行われ、戸田公明市長と同社人事総務統括・CSR統括部の池田昌人統括部長が協定書を交わした。同市三陸町の吉浜中の生徒が実際にプログラミングを施したペッパーの動作も披露された。

 市教委は昨年度、同校を皮切りに市内全8中学校にペッパーを配備。プログラミング教育の教材に活用している。今回の協定により、ペッパーの機能を拡充した学習プログラムが使用できる。