岩手銀行(田口幸雄頭取)は16日、今秋に釜石市で開催されるラグビーワールドカップ(W杯)の準備費などに充てる市ラグビーこども未来基金に200万円を寄付した。

 田口頭取が野田武則市長に目録を手渡した。寄付は投資信託商品の販売額の一部を充て、田口頭取は「ラグビーの聖地であると世界にアピールもできる意義の高い大会。成功と一層の飛躍を願う」と述べた。同行の寄付は2018年10月の200万円に続き2回目。

 市によると、同基金には4月26日時点で個人、団体計941件から5億2578万円が寄せられている。