縄文文化を新たな感覚で捉え直す雑誌「縄文ZINE」を一戸町の御所野縄文博物館で見つけた。縄文に詳しくない「縄文弱者」の素朴な質問に編集部が真面目に答えるコーナーが面白い

▼例えば、38歳自営業男性の「縄文が平和だったのはジョン・レノンの影響ですか」との質問。回答は「縄文は紀元前です。ジョン・レノンは現代のスーパーヒーロー」

▼「一番有名な縄文人って誰ですか」という問いには「縄文人で有名な人物はいません。文字がないので名前がわからないんです」。その通り。ただ、研究の進展から生まれた縄文人が人気者になるかもしれない

▼「ジョーくん」と出会ったのは2010年、花巻市博物館で開かれた国立歴史民俗博物館の巡回展「縄文はいつから!?」。埼玉県の遺跡から出土した人骨を基にイメージした復元縄文人だ。そして今週、新聞各紙やテレビに復元縄文女性の顔が登場した

▼国立科学博物館のチームが、北海道の遺跡から出土した縄文人のゲノム(全遺伝情報)を解読。その情報に基づいた復元だ。茶色の瞳で、お酒に強かったという。現代日本人は祖先の縄文人が持っていたDNAの約10%を受け継いでいることも判明した

▼折しも北方領土をめぐって、酒に酔った国会議員の「戦争奪還」発言で揺れる現代日本。「平和のDNA」が問われている。