北上市と一関市で14日、警察官をかたり財産の管理状況などを聞き出そうとする不審電話が少なくとも17件あった。

 県警生活安全企画課によると、不審電話は北上市内で10件、一関市内で7件あった。いずれも北上署と一関署の生活安全課をかたる男が「詐欺の犯人を逮捕し押収したリストにあなたの名前があった。お金の管理は誰がしているか」などと聞き出そうとした。

 県警生活安全企画課の永沢幸雄次長は「お金にまつわる話があれば疑い、質問には答えず最寄りの警察などに相談してほしい」と注意喚起する。