盛岡市は13日、アユの稚魚約1万4千匹を同市中心部の中津川に放流した。

 6カ所で放流し、中の橋付近の河川敷では同市若園町の桜幼稚園(鈴木昭園長、園児100人)の5、6歳児19人が約千匹を放流。県釣り団体協議会(中村久美男会長)会員の指導でバケツを優しく川に傾け、「元気でね」と声を掛けて泳ぐ様子を見守った。

 稚魚は約10センチで、7月7日の中津川のアユ釣り解禁の時期には15~20センチに成長する。

 20日にはヤマメの稚魚約8500匹を中津川などで放流する。