陸前高田市の氷上山(874メートル)は12日、山開きし、市内外の登山愛好家や家族連れが新緑を楽しみ心地よい汗を流した。

 同市高田町の氷上神社(熊谷守宮司)で山開き式を行い、市観光物産協会(金野靖彦会長)などの関係者ら約35人が出席。玉串を奉納して登山者の安全を祈願した。

 登山者は三つの登山口を出発し、ツツジの新芽や沢のせせらぎを楽しみながら歩を進めた。山頂では眼下に広がる広田湾や市中心部の景色を堪能。好天に恵まれ、雪を頂いた岩手山(2038メートル)や姫神山(1124メートル)も遠くに望めた。