北東北大学野球春季リーグ1部は12日、洋野町のオーシャンビュースタジアムで3試合を行い、富士大と岩手大の県勢対決は7-1で富士大が勝ち、6勝目(2敗)を挙げた。

 富士大は1点を追う三回、宮里青(4年、沖縄・浦添商)の中前打をきっかけに捕逸、嘉瀬建(4年、青森・弘前学院聖愛)の中犠飛で2点を奪い逆転。6安打ながら8犠打を絡め小刻みに加点した。

 富士大は18、19日に首位の八戸学院大と対戦し、2連勝すれば逆転で11季連続制覇が決まる。